三菱 デリカ 50周年…初代はトラック派生、乗用は3列シート[写真蔵]

自動車 ビジネス 国内マーケット
初代三菱デリカ(ライトバン)
  • 初代三菱デリカ(ライトバン)
  • 初代三菱デリカ(ライトバン)
  • 初代三菱デリカ(ライトバン)
  • 初代三菱デリカ(ライトバン)
  • 初代三菱デリカ(ライトバン)
  • 初代三菱デリカ(ライトバン)
  • 初代三菱デリカ(ライトバン)
  • 初代三菱デリカ(ライトバン)
初代三菱『デリカ』は、キャブオーバータイプの600kg積み小型4輪トラックとして1968年に誕生した。翌1969年4月に「ライトバン」、「ルートバン」、そしてサードシートを備えた9人乗り「コーチ」が追加された。

コーチは「スターワゴン」「スペースギア」「D:5」へと続くキャブオーバーワゴンのルーツといえる。1971年11月には、新開発の1.4リットル「ネプチューン」エンジン(86馬力)を搭載し性能をアップした「デリカ75」を発売した。

1969年4月 9人乗り「デリカ・コーチ」発売
1971年11月 1.4リットル・ガソリンエンジン搭載「デリカ75」発売
1973年3月 安全対策を強化
1974年12月 4灯式ヘッドライトに変更

三菱 デリカ 50周年…2代目で「4WD」イメージを確立[写真蔵]
三菱 デリカ 50周年…3代目でキャブオーバーワゴン4WD車のリーダーに[写真蔵]
三菱 デリカ 50周年…4代目はフロントエンジンの“ギア”[写真蔵]
三菱 デリカ 50周年…5代目D:5はミニバンとSUVとの融合[写真蔵]
三菱 デリカ 50周年…初代と現行型とを見比べる[写真蔵]
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集