ホンダ、中国に20車種以上の電動モデルを投入へ…北京モーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
ホンダの理念 EVコンセプト(北京モーターショー2018)
  • ホンダの理念 EVコンセプト(北京モーターショー2018)
ホンダの中国法人は4月25日、中国で開幕した北京モーターショー2018において、2025年までに中国市場へ20車種以上の電動化モデルを投入する計画を発表した。

すでにホンダは、2018年に発売予定の中国向けEVの開発を、広汽ホンダ、東風ホンダ、本田技研科技(中国)有限公司の3社が共同で実施し、広汽ホンダと東風ホンダの両合弁会社のブランドから発売することを公表済み。

また、中国向けEVの開発においては、中国のIT企業の「Neusoft」と共同で、バッテリーマネジメント技術、車両データのクラウド管理、コネクティビティ技術などの開発を行うと発表している。

2025年までに中国市場へ投入される電動化モデルのひとつが、北京モーターショー2018で初公開された『理念 EVコンセプト』。同車は、小型の電動SUVの市販モデルを示唆したコンセプトカーとなる。

なおホンダは、今後もCO2ゼロ社会の実現に向けた電動化商品の拡充を加速させる、としている。

5月16日開催【北京モーターショー報告と中国のEV、自動運転セミナー】
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集