三菱 デリカシリーズ50周年、4代目をフロントエンジンに変えさせた競合車とは

自動車 ニューモデル 新型車
三菱自動車 4代目デリカ スペースギア
  • 三菱自動車 4代目デリカ スペースギア
  • 三菱自動車 4代目デリカ スペースギア
  • 三菱自動車 4代目デリカ スペースギア
  • 三菱自動車 4代目デリカ スペースギア
  • 三菱自動車 4代目デリカ スペースギア
  • 三菱自動車 4代目デリカ スペースギア
  • 三菱自動車 4代目デリカ スペースギア
  • 三菱自動車 4代目デリカ スペースギア
三菱自動車のミニバン『デリカ』シリーズは、初代『デリカ』が1968年に商用トラックとして誕生してから50周年を迎えた。

現行モデル『D:5』(2007年1月発売)は5代目となるが、そのひと先代の前の4代目『スペースギア』(1994年5月発売)から、エンジンレイアウトがそれまでのフロントシート下にあるキャブオーバータイプから、ノーズ部に収めるフロントタイプに切り替わっている。

スペースギアの商品企画を担当した三菱自動車OBの今崎剛氏によると「もともとキャブオーバータイプで(4代目の)企画がある程度まとまっていた」という。

ところが「トヨタ自動車の『エスティマ』(1990年5月発売)の登場によって、初めてフロントエンジンという決心をした」と今崎氏は明かす。

というのも、エスティマはフロア下にエンジンを収める構造ながら、エンジンそのものを横に75度寝かせてフロアのフラット化を実現したことから、「我々としてはフラットフロアがユーザーニーズとしてあるのはわかっていたので、これは非常にまずい、このままでは我々のクルマの商品力がなくなる」からだ。

そこで「エンジンや足回りを『パジェロ』と共有化することも、すでに決まっていたが、フロントエンジンになると非常にフロントヘビーで、重量配分が悪くなるため、足回りを含めて新しいコンポーネントにした」という。

「逆にいえばエスティマが出たおかげで、こういうレイアウトが実現できた。ユーザーニーズとして一番高かったウィークスルーを実現できたという結果になった」と今崎氏は語っていた。

三菱 デリカ 50周年…初代-5代目[ミニ写真蔵]
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集