モルフォ蝶に着想した特別色…レクサス LC に国内販売累計50万台記念仕様

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス LC 特別仕様車 ストラクチュラルブルー
  • レクサス LC 特別仕様車 ストラクチュラルブルー
  • レクサス LC 特別仕様車 ストラクチュラルブルー
  • レクサス LC 特別仕様車 ストラクチュラルブルー
  • 特別仕様車専用内装色 ブルーモーメント
  • 特別仕様車専用内装色 ブルーモーメント
  • 特別仕様車専用内装色 ブルーモーメント
  • 特別仕様車専用内装色 ブルーモーメント
  • 特別仕様車専用内装色 ブリージーブルー
レクサスは、2018年3月末時点での国内における累計販売台数が50万台を達成したことを4月5日に発表した。これを記念して、レクサスのフラッグシップクーペである『LC』の特別仕様車「Structural Blue(ストラクチュラルブルー)」を同日、全国のレクサス販売店にて発売した。

特別仕様車Structural Blueは、ハイブリッドモデル「LC500h」とガソリンエンジンモデルである「LC500」両車種の「L package(Lパッケージ)」をベースに、新開発の外板色ストラクチュラルブルーと、2種類の内装色を設定したもの。

このストラクチュラルブルーは、南米に生息するモルフォ蝶の羽から着想を得た「構造発色」という光を受けると特定の波長だけが反射、強調される原理を応用した独自のボディカラーで、レクサスは15年の期間を経て、この原理を再現した自動車用の構造発色性顔料を開発。光の反射により圧倒的な鮮やかさと強い輝き、深みのある陰影を実現し、ボディの抑揚を美しく際立たせるという。

内装色には、日の出や日の入りのわずかな時間に現れる幻想的な空の風景をモチーフに、ストラクチュラルブルーと調和した、特別仕様車専用ブルーモーメントとブリージーブルーの2種類を設定している。

また、その他の装備として、ポリッシュ仕上げでブラック塗装を施した鍛造アルミホイール、特別仕様車専用スカッフプレート、マークレビンソンリファレンスサラウンドサウンドシステム、カラーヘッドアップディスプレイ、ステアリングヒーター、寒冷地仕様を設定している。

価格は、ハイブリッドモデルで1525万円。ガソリンエンジンモデルで1475万円だ。

『e燃費』は、Amazonギフト券が当たる、燃費についての意識に関するアンケートを…
《平川 亮》

編集部おすすめのニュース

特集