ジャガー I-PACE に航続最大化の新技術、バッテリーの温度を事前調整…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
ジャガー I-PACE (ジュネーブモーターショー2018)
  • ジャガー I-PACE (ジュネーブモーターショー2018)
  • ジャガー I-PACE (ジュネーブモーターショー2018)
  • ジャガー I-PACE (ジュネーブモーターショー2018)
  • ジャガー I-PACE
  • ジャガー I-PACE
  • ジャガー I-PACE
  • ジャガー I-PACE
  • ジャガー I-PACE
ジャガーカーズは、ジュネーブモーターショー2018で発表したジャガー初の市販EV、『I-PACE』に、航続を最大化する新技術を導入すると発表した。

この新技術は、スマートなバッテリー事前調整システム、と呼ばれるもの。バッテリーの性能は、外気温に左右される。そこでこのシステムでは、プラグを差し込むと自動的にバッテリーの温度を上げたり下げたりして調整し、出発前に航続を最大化できるという。

I-PACEには、432パウチセルを用いた蓄電容量90kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。最大480kmの航続を実現する。

DC急速充電(100kW)では、わずか40分で0%から80%までバッテリーを充電可能。ACウォールボックス(7kW)を用いて家庭で充電する場合は、およそ10時間で充電できる。また、15分の充電で最大100kmの走行が可能、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集