メルセデスベンツがタイで電動車向けバッテリー生産へ…東南アジアの電動化戦略を加速

エコカー EV
メルセデスベンツとタイのパートナーTAAPがバッテリーの現地生産で合意
  • メルセデスベンツとタイのパートナーTAAPがバッテリーの現地生産で合意
メルセデスベンツは3月14日、タイで電動車向けバッテリーの生産を行い、東南アジアにおける電動化戦略を加速させると発表した。

メルセデスベンツは、タイの現地パートナーTAAP(トンブリー・オートモーティブ・アセンブリー・プラント)との協力関係をさらに深め、バンコクの製造拠点に合計1億ユーロ以上を投資する予定。この投資を、工場の拡張と新しいバッテリー生産施設の建設に充当する。

バンコクでのバッテリー生産は、メルセデスベンツ乗用車の世界的なバッテリー生産ネットワークの一部となる予定。ダイムラーは、合計で10億ユーロ以上をバッテリー生産ネットワークに投資しており、ドイツ、米国、中国に生産拠点を持つ。

メルセデスベンツ乗用車の生産・サプライチェーン担当、MarkusSchafer取締役は、「タイでのバッテリー生産は、3大陸の6工場に対して、グローバルなバッテリー生産ネットワークを強化することになるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集