アウディ A6 新型、レベル3の自動運転が可能に…エヌビディアのAIコンピュータ採用

自動車 ニューモデル モーターショー

アウディ A6 セダン 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • アウディ A6 セダン 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • アウディ A6 セダン 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • アウディ A6 セダン 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • アウディA6セダン新型
  • アウディA6セダン新型
  • アウディA6セダン新型
  • アウディA6セダン新型
  • アウディA6セダン新型
エヌビディア(NVIDIA)は、アウディがジュネーブモーターショー2018で初公開した新型『A6セダン』に、「レベル3」の自動運転を可能にするエヌビディアのAIコンピュータが採用された、と発表した。

新型A6セダンの自動運転機能、「アウディAIトラフィックジャムパイロット」は、レベル3の自動運転を可能にするもの。中央分離帯のある高速道路を、比較的混雑している60km/h以下で走行している場合に限って、ドライバーではなく車が主体のレベル3の自動運転を実現する。

ドライバーが新型A6セダンのセンターコンソールのAIボタンを押し、トラフィックジャムパイロットを作動させれば、ドライバーはアクセルから足を離し、ハンドルから手を離すことができる。「レベル2」とは異なり、ドライバーは車を継続的に監視する必要はない。それぞれの国の法的状況に応じて、ダッシュボードのインフォテインメントシステムのコンテンツを視聴するなど、運転以外の行為が行える。

ただしドライバーは、引き続き注意を払わなければならない。システムが運転動作を促すときには、いつでも運転の任務を引き継ぐことができるようにしておく必要がある。

トラフィックジャムパイロットが作動している間、車内のカメラは、ドライバーが必要に応じて運転動作を再開する準備が整っているかどうかをチェックする。頭と目の位置と動きを分析。たとえば、ドライバーの目が長時間閉じていると、システムはドライバーに運転動作を再開するよう促す。速度が60km/hを超えるか、または交通渋滞が解消し始めると、トラフィックジャムパイロットは、ドライバーに運転動作を再開する必要があることを知らせる。ドライバーがこの警告を無視すると、新型A6セダンは車線内で完全に停止するまで、自動でブレーキをかける。

新型A6セダンの先進運転支援システム(ADAS)の中核をなす「Zfas」に、エヌビディアのAIコンピュータを採用。センサーが車両の周囲のデータを瞬時に集め、安全な自動運転を可能にする、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集