水素協議会にボッシュなど11社が参画、1年で約2倍の39社に…燃料電池車などの普及目指す

エコカー EV

トヨタ・ミライ(欧州仕様)
  • トヨタ・ミライ(欧州仕様)
  • ホンダ・クラリティ・フューエルセル(欧州仕様)
ベルギーに本拠を置くHydrogen Council(水素協議会)は3月13日、11企業が新たにメンバーとして加わった、と発表した。

Hydrogen Councilは2017年初頭、スイス・ダボスで開催された世界経済会議の場で発足。グローバルなエネルギー移行に関して、水素技術が果たす役割を推進していく、世界初のグローバルなCEOによるイニシアチブ。自動車メーカーでは、トヨタ、ホンダ、アウディ、BMWグループ、ダイムラー、GM、ヒュンダイなど、燃料電池車を手がける企業が参加している。

今回、このHydrogen Councilに11企業が新メンバーとして加入。ボッシュ、3M、中国の長城汽車、JXTGエネルギーなど6社がステアリングメンバーとして参画。丸紅など5社がサポーティングメンバーとして加わった。

これにより、Hydrogen Councilのメンバーは、発足から1年で約2倍に増加。世界の39企業が参画する団体に拡大している。

Hydrogen Council は2018年の重要課題について、水素が日々の生活の一部となるようグローバルパートナーや国際組織とともに働きかけを継続していくこと、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集