レクサス「UX」人気の小型SUV市場に殴り込み…ジュネーブモーターショー2018詳細画像

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

レクサスUX(ジュネーブモーターショー2018)
  • レクサスUX(ジュネーブモーターショー2018)
  • レクサスUX(ジュネーブモーターショー2018)
  • レクサスUX(ジュネーブモーターショー2018)
  • レクサスUX(ジュネーブモーターショー2018)
  • レクサスUX(ジュネーブモーターショー2018)
  • レクサスUX(ジュネーブモーターショー2018)
  • レクサスUX(ジュネーブモーターショー2018)
  • レクサスUX(ジュネーブモーターショー2018)
レクサス『UX』は、レクサスのSUVラインナップの中で、『NX』の下に位置する新型コンパクトクロスオーバーSUVだ。人気の小型SUVを拡充することで、レクサスの存在感を世界にアピールする。

2016年のパリモーターショーで次世代小型クロスオーバー「UXコンセプト」を公開、翌年のジュネーブモーターショーで同モデルの市販化を公表。今回のジュネーブモーターショーで正式に市販版がお披露目となった。

外観は、タフな力強さと俊敏な走りを連想させる大胆かつ洗練されたエクステリアを追求。縦方向に厚みをもたせたボディにより、安心感のあるタフな力強さを強調。また、キャビンの中心から、タイヤに向かって前後のフェンダーが張り出した構成としたほか、「GA-C」プラットフォームの採用による低重心化とタイヤの大径化で、俊敏な走りを予感させるフォルムとした。

内装は、ドライビングの高揚感を演出するコクピットと視覚的な開放感を両立したインテリアを追求。クロスオーバー車らしいシルエットでありながら、走りを予感させる低いドライビングポジションとステアリングを中心に配置した操作系により、ドライビングの高揚感を演出する。

ボディサイズは、全長4495mm、全幅1840mm、全高1520mm、ホイールベース2640mm。トヨタ『C-HR』(全長4360mm、全幅1795mm、全高1550mm)と比べると、全長、全幅はそれぞれ135mm、45mm大きく、いっぽうで全高は30mm低く抑えられている。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集