近畿圏にも227系を投入---車載型IC改札機も設置 2019年春から

鉄道 企業動向

227系に搭載される車載型ICカード改札機のイメージ。
  • 227系に搭載される車載型ICカード改札機のイメージ。
JR西日本は3月7日、和歌山線(王寺~和歌山間87.5km)と桜井線(奈良~高田間29.4km)で、2019年春から227系電車を運行することを明らかにした。2020年春までに2両編成28本の計56両を投入し、老朽化した105系電車や117系電車を置き換える計画。

227系は、2015年3月のダイヤ改正から山陽本線の広島地区へ投入された新型電車で、同地区では「Red Wing」(レッドウィング)という愛称を持つ。

3両または2両単位で編成を組み、最大8両編成で運行。全車両が電動車となっているが、東海道・山陽緩行線や福知山線などで運行している321系電車と同様、2つある台車のうち、ひとつがモーターを装備する「動力台車」、もうひとつがモーターを装備しない「付随台車」になった、いわゆる「0.5Mシステム」を採用している(通常の電動車は、2つの台車ともモーターを装備する)。

近畿圏へは初めての投入となるこの227系は、最新の安全装置として、車両異常挙動検知装置や先頭車間転落防止ホロ、戸挟み検知装置、EB-N装置(運転士異常時列車停止装置)を装備。

車内にはLED照明や多機能トイレ、車椅子スペース、自動温度調節式の空調装置、情報案内装置、日英2カ国語による自動放送装置、掴まりやすいオレンジ色の吊り手・手スリを備える。

また、奈良県下や和歌山線へICカード乗車券『ICOCA』(イコカ)のエリアが拡大することに対応して、車載型のIC改札機も設置され、227系への置換え完了後に稼働する予定となっている。

車体は、広島地区用がステンレス地に赤のアクセントが入ったものになっているのに対して、和歌山線・桜井線用は緑のアクセントが入ったものとなる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集