F1マシンに次ぐ速さ、マクラーレン セナ にサーキット専用車「GTR」…ジュネーブモーターショー2018で発表

自動車 ニューモデル モーターショー
マクラーレン・セナ GTR コンセプト(ジュネーブモーターショー2018)
  • マクラーレン・セナ GTR コンセプト(ジュネーブモーターショー2018)
  • マクラーレン・セナ GTR コンセプト
  • マクラーレン・セナ GTR コンセプト
  • マクラーレン・セナ GTR コンセプト
  • マクラーレン・セナ GTR コンセプト
  • マクラーレン・セナ GTR コンセプト
  • マクラーレン・セナ GTR コンセプト
  • マクラーレン・セナ GTR コンセプト
マクラーレンオートモーティブは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、マクラーレン『セナGTR コンセプト』を初公開した。

マクラーレン『セナ』は、F1ドライバー、故アイルトン・セナの名前を冠したスーパーカー。セナGTRコンセプトは、同車のサーキット専用車として、2019年に限定生産される予定の『セナGTR』を示唆したコンセプトカーとなる。

セナGTRコンセプトでは、市販モデルに対して、エアロダイナミクス性能をさらに追求。フロントスポイラーは、ロードカーに比べて大型化。リアのディフューザーも大きく長くなり、より後ろまで伸ばされた。リアデッキは、マクラーレン車の中で最も低い位置にあり、エアロダイナミクス性能とクーリング機能を向上。アクティブリアウィングの性能も最適化した。これらの変更により、最大1000kgのダウンフォースを獲得する。

ミッドシップに搭載される4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンも強化。最大出力は800psから、少なくとも825psに引き上げられる。サーキット専用トランスミッションと改良されたダブルウィシュボーン式サスペンション、ピレリ製スリックタイヤを装着。同社によると、F1マシンを除けば、サーキットでマクラーレン史上最速を記録するという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集