ダイムラーと北京汽車、メルセデスの中国現地生産を拡大…電動車の開発も強化

自動車 ビジネス 企業動向
EQブランドの最初の市販車の車名を「EQC」と発表するダイムラーのメルセデスベンツ乗用車開発担当、オーラ・ケレニウス取締役(フランクフルトモーターショー2017)
  • EQブランドの最初の市販車の車名を「EQC」と発表するダイムラーのメルセデスベンツ乗用車開発担当、オーラ・ケレニウス取締役(フランクフルトモーターショー2017)
ダイムラーと中国の北京汽車(BAIC)は2月26日、メルセデスベンツ車の中国現地生産を拡大すると発表した。

ダイムラーと北京汽車は2005年8月、中国合弁会社の北京ベンツ汽車を設立。2006年に『Eクラス』の組み立てを開始し、2008年には『Cクラス』が生産車種に加わった。

2010年5月には、Eクラスがベースの中国専用車、『EクラスL』の現地生産をスタート。2011年12月には、『GLK』の現地生産も開始した。2015年4月には、『GLA』の生産も始まっている。

今回、ダイムラーと北京汽車は、メルセデスベンツ車の中国現地生産を拡大すると発表。両社は、中国の北京市に設立した新たな合弁会社、BBACに追加投資を行い、新工場を建設する。

また、ダイムラーと北京汽車はメルセデスベンツの電動ブランド、「EQ」の最初の市販車、『EQ C』を2019年から、中国で現地生産する計画。電動車を含めたNEV(ニュー・エナジー・ビークル)車の開発も強化していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集