BMWグループ、レベル5の完全自動運転車のプロトタイプを公開…MWC 2018

自動車 テクノロジー ITS

BMW(MWC 2018)
  • BMW(MWC 2018)
  • BMW(MWC 2018)
  • BMW(MWC 2018)
  • BMW(MWC 2018)
  • BMW(MWC 2018)
  • BMW(MWC 2018)
  • BMW(MWC 2018)
  • BMW(MWC 2018)
BMWグループは2月26日、スペインで開幕した世界最大規模の携帯通信関連見本市、「MWC(モバイル・ワールド・コングレス2018)」において、レベル5の完全自動運転車のプロトタイプを初公開した。

現在、米国のSAE(自動車技術者協会)が定めている自動運転のレベルは、0~5まで。最高のレベル5は、ドライバーが運転操作を行わない完全自動運転車となる。また、現時点で実用化されているのは、部分自動運転が可能なレベル3まで。

BMWグループがMWC 2018で初公開したのが、BMW『i3』をベースに開発されたレベル5の完全自動運転車のプロトタイプ。MWC 2018では、このi3を使って、近い将来の実現を目指す完全自動運転車のデモンストレーションを行った。

その内容は、スマートフォンにダウンロードした専用アプリを使うことで、ユーザーの元へ、完全自動運転のi3がやって来るというもの。運転操作が車両任せとなる完全自動運転車なので、移動中の乗員全員が楽しめる新開発のエンターテインメントシステムも搭載している。

3月13日開催 若手技術者応援セミナー【無料】5G×クルマ MWC2018最新報告はこちら。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集