ルノーの新コンセプトカー、キーワードは「シェアード・モビリティ」…ジュネーブモーターショー2018で公開へ

自動車 ニューモデル 新型車
ルノー ゾエ Eスポーツ
  • ルノー ゾエ Eスポーツ
  • ルノー ゾエ Eスポーツ
  • ルノー ゾエ Eスポーツ
ルノーは2月22日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、新たなコンセプトカーを初公開すると発表した。

このコンセプトカーについては、現時点で車名を含めて詳細は明らかにされていない。ルノーが公表しているのは、「都市部のシェアード・モビリティを重視したコンセプトカー」ということのみ。

ルノーは前回のジュネーブモーターショー2017において、EVコンセプトカーの『ゾエEスポーツ』を初公開。同車は、ルノーの小型EV、『ゾエ』をベースに、高性能なレーシングカーを提案したコンセプトカー。世界最高峰のEVレース、「フォーミュラE」向けに開発した技術が、ゾエEスポーツに盛り込まれた。

モーターは2個搭載され、その最大出力は460hp、最大トルクは65.3kgmと非常に強力。カーボンファイバーやケブラーなどの軽量素材により、車両重量は1400kgに抑えられた。強力なパワーは4輪に伝えられ、ゾエEスポーツは、0~100km/h加速3.2秒のパフォーマンスを実現していた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集