ピニンファリーナから電動グランツーリスモ「HK GT」…ジュネーブモーターショー2018で公開へ

エコカー EV

ピニンファリーナ HK GT
  • ピニンファリーナ HK GT
ピニンファリーナは2月6日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、コンセプトカーの『HK GT』を初公開すると発表した。

ピニンファリーナは、前回のジュネーブモーターショー2017において、ラグジュアリーセダンコンセプトの『H600』を初公開。上海モーターショー2017では、7シーターSUVコンセプトの『K550』を発表した。

ジュネーブモーターショー2018で初公開される予定のHK GTは、前2作のコンセプトカーに続いて、香港に本拠を置くハイブリッド・キネティック・グループと共同開発。同グループとの間では、第4のコンセプトカーになる。

HK GTは、グランツーリスモを提案するコンセプトカー。モーターやバッテリーなど、電動パワートレーンを採用。また、発電専用のエンジンを搭載するレンジエクステンダーになる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集