パイクスピークに31年ぶりワークス参戦のVW、ルマン勝者を起用

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ロマン・デュマ選手
  • ロマン・デュマ選手
フォルクスワーゲンは1月31日、米国で6月に開催されるパイクスピーク国際ヒルクライムに、2016年のルマン24時間耐久レースの優勝ドライバー、ロマン・デュマ選手を起用すると発表した。

フォルクスワーゲンは1987年以来、31年ぶりにパイクスピーク国際ヒルクライムにワークス体制で参戦する計画。新開発のEVレーシングカーを投入し、2016年にリース・ミレン選手が打ち立てたEVによる最速記録、8分57秒118の更新を狙う。

この新型EVレーシングカーのドライバーに、ロマン・デュマ選手を起用することが決定。同選手は、ポルシェのワークスドライバーとして、2016年のルマン24時間耐久レースで総合優勝。また、パイクスピーク国際ヒルクライムでは2014年、2016~2017年と、3度の栄冠を手にしている。

パイクスピーク国際ヒルクライムは、米国コロラドスプリングスで、1916年から開催されており、世界で最も過酷なヒルクライムレースとして知られる。競技は全長20kmのコースを一気に駆け上がり、タイムを競う。標高はスタート地点が2860mで、ゴール地点が4300m。標高差1440m、コーナー数156。内燃機関で駆動する車両は、ゴール付近では標高の高さに起因する酸素不足により、内燃機関搭載車ではパワーが約30%ダウンする。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集