F1がグリッドガールを廃止…新シーズン開幕から

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
F1グリッドガール(2017年) (c) Getty Images
  • F1グリッドガール(2017年) (c) Getty Images
  • F1グリッドガール(2017年) (c) Getty Images
  • F1グリッドガール(2017年) (c) Getty Images
  • F1グリッドガール(2017年) (c) Getty Images
  • F1グリッドガール(2017年) (c) Getty Images
  • F1グリッドガール(2017年) (c) Getty Images
フォーミュラ1(F1)のグリッドガール(レースクイーン)が廃止された。F1の運営会社のフォーミュラ・ワン・グループが1月31日、発表した。2018年シーズンの開幕から廃止される。

スタート前、グリッドにマシンが並ぶ時間は、輝かしい舞台でもあり、様々なプロモーションもできる貴重な時間だ。「ここ数年、F1の発展のために、F1の様々な分野のアップデートを検討してきた」、とフォーミュラ・ワンのコマーシャル事業担当、ショーン・ブラッチズ専務はいう。

「グリッドガールは何十年にもわたってF1にとって不可欠な存在だった。しかし、この慣習は、いまやF1のブランドバリューに共鳴しないと思われる。ましてや現代の社会規範では受け入れられない。新旧、世界中のファンも同意してくれるだろう」

グリッドガールは、3月25日決勝のオーストラリアGPから始まる2018年シーズン開幕から廃止される。GPウィークエンドに併催される他のモータースポーツでも廃止される。なお、グリッド以外でのレースクイーンやキャンペーンガールの活動については、声明は触れていない。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集