スバル ゲレンデタクシー、苗場で5周年記念イベント 2月17-18日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
ゲレンデタクシー2018(フォレスター)
  • ゲレンデタクシー2018(フォレスター)
  • ゲレンデタクシー2018(岩手県・安比高原スキー場)
  • SUBARU SNOW FES IN NAEBA
SUBARU(スバル)は、リフトの代わりにスバルのSUV車でゲレンデを駆け上るイベント「ゲレンデタクシー」の5周年を記念し、2月17日・18日に新潟県・苗場スキー場で「SUBARU SNOW FES IN NAEBA」を初開催する。

スバル ゲレンデタクシーは、通常は車で走ることのできないスキー場ゲレンデ内で、リフトの代わりにスバルのSUVシリーズに乗車し、雪上での走行性能を体験するイベント。5年目を迎える今回は、サッポロテイネスキー場(北海道札幌市)、安比高原スキー場(岩手県八幡平市)、栂池高原スキー場(長野県北安曇郡)、苗場スキー場(新潟県南魚沼郡)の4会場にて過去最大規模で開催している。すでに終了した2会場(サッポロテイネ/安比高原)では合計2200名以上が乗車。愉しみながら雪上走行性能を体感している。

苗場スキー場で開催する「SUBARU SNOW FES IN NAEBA」では、通常のゲレンデタクシーのほか、特別イベントとして「SUBARU SNOW DRIVING EXPERIENCE」を開催する。雪上コース試乗ではスバルの雪上走行性能を自分の運転で体感できるほか、全日本ラリー選手権などで活躍するプロドライバー新井敏弘選手・鎌田卓麻選手の運転する「WRX STI」への同乗体験も用意(いずれも事前応募制)。さらに夜のゲレンデで繰り広げられる打ち上げ花火とWRX STIのコラボレーションパフォーマンスなど、会場全体でスバルを愉しめるイベントとなっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集