335hpツインターボ搭載、フォード エッジ に最強「ST」…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
フォード・エッジ ST(デトロイトモーターショー2018)
  • フォード・エッジ ST(デトロイトモーターショー2018)
  • フォード・エッジ ST(デトロイトモーターショー2018)
  • フォード・エッジ ST(デトロイトモーターショー2018)
  • フォード・エッジ ST
  • フォード・エッジ ST
  • フォード・エッジ ST
  • フォード・エッジ ST
フォードモーターは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、フォード『エッジ』の「ST」を初公開した。

エッジは、フォードブランドの主力クロスオーバー車。『エッジST』は、その高性能モデルとして登場した。『フォーカスST』や『フィエスタST』などを手がけてきた「フォード・パフォーマンス」が、そのノウハウを初めてSUVに導入する。

エッジSTのパワートレーンは、直噴2.7リットルV型6気筒ガソリンツインターボ「エコブースト」。フォード・パフォーマンスのチューニングによって、最大出力335hp、最大トルク52.5kgmを獲得する。フォードモーターによると、セグメントで最強のパワーという。

トランスミッションは8速AT。STチューンのスポーツサスペンションやパフォーマンスブレーキパッケージなどを用意した。専用のメッシュフロントグリルやデュアルエグゾーストなど、内外装にもスポーティな演出が施されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集