ホンダコレクションホールで初のSUPER GT特集 3月17日より

ツインリンクもてぎ内の「ホンダコレクションホール」は、開館20周年記念の特別展示「群雄割拠~SUPER GTの覇車たち~」を3月17日から6月13日まで開催する。

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
Honda RAYBRIG HSV-010(2013年)
  • Honda RAYBRIG HSV-010(2013年)
  • 日産 ザナヴィ NISMO フェアレディZ(2007年)
  • LEXUS PETRONAS TOM‘S SC430(2013年)
ツインリンクもてぎ内の「ホンダコレクションホール」は、開館20周年記念の特別展示「群雄割拠~SUPER GTの覇車たち~」を3月17日から6月13日まで開催する。

ホンダコレクションホールは1998年、ツインリンクもてぎ内にオープン。ホンダを代表する二輪、四輪、汎用製品、レーシングマシンなど約300点を展示しており、2018年3月に開館20周年を迎える。同館では開館20周年を記念するとともに、日頃の愛顧への感謝として、2018年はファンからのリクエストをテーマにした企画展を開催。3月17日から開催する第1弾では「SUPER GT」を特集する。

SUPER GTには、使用車両の規定やレース結果に応じて車重を重くするウェイトハンディなど、レースを拮抗させる様々なルールが定められているため、勝者がめまぐるしく変わる。そんな激しいタイトル争いを繰り広げたライバルマシンたちが、ホンダコレクションホールに一堂に会する。

展示車両は「LEXUS PETRONAS TOM'S SC430(2013年)中嶋一貴/ジェームス・ロシター」「日産 ザナヴィ NISMO フェアレディZ(2007年)本山哲/リチャード・ライアン」「Honda RAYBRIG HSV-010(2013年)伊沢拓也/小暮卓史」などを予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集