スマホがそのまま定期券に…JR北海道が4月1日から開始

鉄道 企業動向

「スマホ定期券」の表示画面。偽造を防止するため、画面中央にある車両のイメージが右から左へスクロールし、一定期間が経過すると色が変わる仕様になっており、有効期間が過ぎると、定期券表示自体が消える。
  • 「スマホ定期券」の表示画面。偽造を防止するため、画面中央にある車両のイメージが右から左へスクロールし、一定期間が経過すると色が変わる仕様になっており、有効期間が過ぎると、定期券表示自体が消える。
  • 「スマホ定期券」の購入・決済・表示にはスマートフォン用アプリ「バスもり!」を利用する。決済方法はクレジットカードまたはコンビニに対応。駅で手続きをする手間を省いて定期券を利用できるようになる。
JR北海道は、4月1日から石北本線と釧網本線の一部区間で「スマホ定期券」の利用を開始する。

これは、紙の定期券の代わりに、スマートフォンで定期券を利用するもの。ウェルネット株式会社が開発したスマートフォン用アプリ「バスもり!」を活用しており、定期券の利用に必要な購入、運賃決済、定期券情報の表示が、スマートフォンだけで完結する仕様だ。

利用エリアは、ICカード乗車券のエリア外となる石北本線西留辺蘂(にしるべしべ)~網走間、釧網本線緑~網走間で、通勤・通学(一般・高校)定期券の1・3・6カ月用で利用できる。

なお、通学用の「スマホ定期券」を利用する場合、事前に学校事務へ申込みをすることで本人確認を行なうこととし、駅窓口への通学証明書提出は不要となる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集