東洋ゴムとGLM、EV向け足回りモジュールを共同開発

エコカー EV

GLMのトミーカイラZZのプラットフォーム(参考画像)
  • GLMのトミーカイラZZのプラットフォーム(参考画像)
東洋ゴム工業は、EV(電気自動車)ベンチャーのGLMとEV車両向け足回りモジュール(複合部品)を共同開発することで合意したと発表した。

東洋ゴムはグローバルでEVシフトが鮮明になっている中、EVのノウハウを持つGLMとの協業でEV関連事業に参画し、将来に備える。

共同開発する主要部品は、「フラットライドを実現するエア式のアクティブサスペンション」。東洋ゴムは、GLMからアクティブサスペンションや足回り機構、車全体の要素技術などの情報や総合的なノウハウの提供を受けながら、エアサスサスペンションに電子制御技術を組み込んで応用した次世代型のアクティブサスペンションを共同開発する。2020年中の製品化を目指す。

EVは、高い次元の静粛性、路面やモーターなどといった振動源から発する振動を制御する減衰性などの機能や性能が求められる。東洋ゴムは手がけている自動車用ゴム部品でこれらのニーズに対応する。

東洋ゴムでは、GLMとEV向け製品モジュールを共同開発することは、未来のモビリティに向けて事業の可能性を拡げるものとしている。GLMとの協業で、静粛性が高いなど、EVが持つ固有の技術課題解決に特化した足回りモジュールのトータル設計やパッケージ化を経験することで、付加価値の高い提案のできるサプライヤーを目指す構え。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集