MINIハッチ&コンバチ 改良新型、最新コネクト搭載…デトロイトモーターショー2018で発表

自動車 ニューモデル モーターショー
MINIハッチバックとコンバーチブル 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • MINIハッチバックとコンバーチブル 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • MINIハッチバックとコンバーチブル 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • MINIハッチバック改良新型
  • MINIハッチバック改良新型
  • MINIハッチバック改良新型
  • MINIコンバーチブル改良新型
  • MINIコンバーチブル改良新型
  • MINIコンバーチブル改良新型
BMWグループのMINIは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、MINI『ハッチバック』とMINI『コンバーチブル』の改良新型モデルに、最新の「MINIコネクテッド」を採用すると発表した。

MINIコネクテッドの最新版には、「リアルタイム・トラフィック・インフォメーション」、スマートフォン接続によるナビゲーションマップの自動アップデートなどの新機能が採用された。

また、「パーソナル・コンシェルジュ・サービス」、インターネットポータルサービスの「MINIオンライン」も導入。MINIオンラインでは、ニュース、天気、燃料価格などの最新情報がチェックできる。アップルの「CarPlay」とも連携が図られた。

MINIコネクテッドの新サービスは、3種類のパッケージで提供。「コネクテッド・メディア」、「コネクテッド・ナビゲーション」、「コネクテッド・ナビゲーション・プラス」から選択できる。

この他、6.5インチのカラーモニターを採用。USBとブルートゥースのインターフェイスが標準装備された。ナビゲーションシステム用の新タッチパネルモニターや、スマートフォン用のワイヤレス充電も導入している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集