インテル、エンタメショーのような基調講演…買収したモービルアイの社長も登場【CES 2018】

自動車 ビジネス 企業動向

インテル基調講演(CES 2018)
  • インテル基調講演(CES 2018)
  • インテル基調講演(CES 2018)
  • インテル基調講演(CES 2018)
  • インテル基調講演(CES 2018)
  • インテル基調講演(CES 2018)
  • インテル基調講演(CES 2018)
  • インテル基調講演(CES 2018)
  • インテル基調講演(CES 2018)
1月8日(太平洋時間)、米国ラスベガスでは世界最大の家庭用電化製品の展示会「CES 2018」の開幕を翌日に控え、半導体最大手の一つ、インテルが基調講演を行なった。会場はモンテカルロのパークシアター。

巨大なシアターは開幕一時間以上前から多くの人で賑わいを見せ、開幕15分前からはなんと「データを使った楽器」を使用したコンサートが開始。これは従来の楽器とは大きく異なり、インテルのチップが入った専用バンドを手につけた演奏者たちが、手をまるで本物の楽器を演奏するかのように動かすことで、ギターやドラムなどの音を出すことを可能にするというもの。その後はピアノとデータギターがAIと一緒に即興のセッションをしたり、同じセンサーを使用して演出と連携したダンスなどが披露され、未来のエンターテイメントの形を来場者たちに見せつけた。

基調講演が始まると、インテルのCEO、Brian Krzanich氏が登壇。膨大な量のデータが毎日のように生まれ、活用されていく社会。より進化したVR技術を使用した新しいエンターテイメント、量子コンピューター用の最新チップなど、インテルが現在取り組んでいる様々な新技術の紹介が行われた。

そしてインテルが昨年傘下に収めた、自動運転用センサーなどを開発するモービルアイのCEO、Amnon Shashua氏がクルマに乗って登場。クルマに搭載された様々なセンサーを紹介した。そしてモービルアイのセンサーとインテルのプロセッサを組み合わせることにより、自動開発技術を加速させていくことなどを語った。

基調講演の終わりには、100機の小型ドローンが会場内を飛び回り、音楽に合わせて様々な色の光を発しイルミネーションとなり、基調講演は幕を閉じた。
《関 航介》

編集部おすすめのニュース

特集