立体感をフィードバックするタッチスクリーン、コンチネンタルがCES 2018で発表

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
コンチネンタルの新開発の3D表面ディスプレイ
  • コンチネンタルの新開発の3D表面ディスプレイ
  • コンチネンタルの新開発の3D表面ディスプレイ
コンチネンタルは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES 2018において、新開発の触覚技術を応用した3Dタッチディスプレイを発表した。CES 2018のイノベーションアワード車内オーディオ/ビデオ部門最優秀賞を獲得している。

自動車の機能向上や車内で提供されるコンテンツの増加により、タッチスクリーンは大型化する傾向にある。その結果、タッチスクリーンの操作のために、ドライバーが路上から視線をそらす機会も増えてきた。

コンチネンタルの3Dタッチディスプレイは、スクリーンからの触覚フィードバックにより、各種スイッチの立体感=3Dタッチを感じることができる。ドライバーはブラインドタッチが可能になり、ユーザーフレンドリーになると同時に、安全性が向上する。

デザインはカスタマイズが可能で、自動車メーカーのリクエストに応えることができる。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集