国産旧車ミニカー5種、ホットウィールから新春発売…早期売り切れ予想

自動車 ビジネス 国内マーケット

『HW カーカルチャーJAPAN HISTORICS 2 (ジャパン・ヒストリックス2)』
  • 『HW カーカルチャーJAPAN HISTORICS 2 (ジャパン・ヒストリックス2)』
  • 『HW カーカルチャーJAPAN HISTORICS 2 (ジャパン・ヒストリックス2)』
  • 『HW カーカルチャーJAPAN HISTORICS 2 (ジャパン・ヒストリックス2)』
  • 『HW カーカルチャーJAPAN HISTORICS 2 (ジャパン・ヒストリックス2)』
  • 『HW カーカルチャーJAPAN HISTORICS 2 (ジャパン・ヒストリックス2)』
  • 『HW カーカルチャーJAPAN HISTORICS 2 (ジャパン・ヒストリックス2)』
世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人であるマテル・インターナショナル株式会社(東京都千代田区)は、『カーカルチャー アソート』より、『HW カーカルチャーJAPAN HISTORICS 2 (ジャパン・ヒストリックス2)』を、2018年1月上旬より発売する。

カーカルチャーアソートとは、カルチャーにフォーカスした特徴的なデコレーションやファン絶賛のホイールなど、ホットウィールの象徴的なミニカーコレクションだ。

今回発売する HW カーカルチャー ジャパン・ヒストリックス2 は、日本旧車モデルだけを集め、2016年に発売された『HW JAPAN HISTORICS (ジャパン・ヒストリックス)』の第二弾となる。

車種は、日産『ローレル』C130型、日産『スカイライン』C210型、日産『フェアレディZ』、ダットサン『ブルーバード』510型、マツダ『RX-3』の5車種が登場。

そのうち、ローレルとスカイラインは、シャコタン・デッパ・オバフェンの街道レーサースタイルでモデル化した。

ホットウィ―ルは、1968年に販売を開始し2018年で発売50周年を迎える、販売台数世界一のダイキャストカーブランド。今回の製品は、前作のジャパン・ヒストリックスとはまた違う、国産旧車の魅力がたっぷりとつまった、ホットウィ―ルコレクター必見のアソートだ。
《平川 亮》

編集部おすすめのニュース

特集