パナソニック出資の中国企業、軽量シティEVをCES 2018で公開予定

エコカー EV

リンクデータ・テクノロジー社の新型EV、U-bike
  • リンクデータ・テクノロジー社の新型EV、U-bike
中国のリンクデータ・テクノロジー社は12月26日、2018年1月に米国ラスベガスで開催されるCES2018において、新型EVの『U-bike』を初公開すると発表した。

リンクデータ・テクノロジー社は2009年、中国北京に設立された。電気通信の分野に、中国で初めてリチウムイオンバッテリーを導入した企業。現在は、中国政府のNEV(ニュー・エナジー・ビークル)政策に沿って、EVなどを開発している。

また、リンクデータ・テクノロジー社は、パナソニックが戦略的パートナーおよび株主。両社の共同出資で設立されたバッテリー工場は、2017年12月5日に稼働したばかり。

同社がCES2018において初公開する予定の新型EVが、U-bike。小型のシティコミューターEVで、そのハイライトは軽さ。車両重量はわずか180kgに抑えられる。

全幅920mmのコンパクトボディに、2シーターのレイアウト。バッテリーは、パナソニック製のリチウムイオン。1回の充電での航続は、100kmの性能を備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集