大船渡線BRT陸前高田駅がリニューアルへ…鉄道駅時代の駅舎をモチーフに 2018年4月1日

鉄道 企業動向

リニューアルされるBRT陸前高田駅の外観(左)と内装(右)。
  • リニューアルされるBRT陸前高田駅の外観(左)と内装(右)。
JR東日本盛岡支社は12月22日、来春の移転が予定されている大船渡線BRT陸前高田駅のリニューアルデザインを発表した。

一ノ関~気仙沼~盛間の大船渡線内にあった同駅は、2011年3月に発生した東日本大震災による津波で施設が流失。代替交通機関として、2013年3月に気仙沼~盛間でバス高速輸送システム(BRT)が運行を開始した際、BRT一般道内の駅となり、陸前高田市役所の仮庁舎前に移設。2015年3月には市役所近くに駅舎も整備された。

このリニューアルは、2018年4月1日にBRT陸前高田駅が、市役所から南へ約1.5kmの地点にある中心市街地(岩手県陸前高田市高田町字館の沖110番地)に移転することに合わせたもので、工事は12月22日から着手されている。

なお、移転後の旧陸前高田駅は、新設される栃ヶ沢公園駅に替わる予定で、移設後の陸前高田駅に近い、まちなか陸前高田駅は廃止となる。

新しい駅舎は、建物面積が約90平方mの鉄骨造り平屋建てで、待合室や事務室、トイレを備える。鉄道駅時代の駅舎をモチーフにしたデザインを採り入れ、木の温もりが感じられる素材を使用するとしている。

供用開始は、移転日と同じ2018年4月1日となる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集