スバル フォレスター 2018年型はコネクトが進化【ロサンゼルスモーターショー2017】

自動車 ニューモデル モーターショー

スバル・フォレスター 2018年型
  • スバル・フォレスター 2018年型
  • スバル・フォレスター 2018年型
  • スバル・フォレスター 2018年型
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、『フォレスター』の2018年モデルを初公開した。

2018年モデルでは、全車にハンズフリー接続とエンターテインメントサービスを提供する「SUBARU STARLINK」マルチメディアシステムを標準装備。ベースモデルには、高解像度7インチ液晶画面のマルチメディアプラスシステムを採用する。

上級グレードでは、「STARLINK7.0」仕様となり、シングルタッチジェスチャディスプレイとマルチメディアシステム、ブルートゥースハンズフリーのSMSテキストメッセージ、デュアルUSBポート、SiriusXMラジオ、SiriusXMトラベルLinkが追加される。

オプションのSTARLINK7.0マルチメディアナビゲーションシステムは、音声認識コントロールを備え、無料で地図の更新などが行われる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集