「SLにふさわしい設備」に駅をリニューアル…JR東日本上越線の群馬4駅

鉄道 企業動向

JR東日本はSL列車が停車する群馬県内の上越線4駅をリニューアルする。画像はリニューアル後の駅名標のイメージ。
  • JR東日本はSL列車が停車する群馬県内の上越線4駅をリニューアルする。画像はリニューアル後の駅名標のイメージ。
  • 待合室(上)やトイレ(下)も蒸気機関車の雰囲気にあわせてリニューアルされる。
  • 上越線は群馬県内の高崎~水上間でSL列車が運行されている。写真はD51 498がけん引するSL列車。
  • 上越線は群馬県内の高崎~水上間でSL列車が運行されている。写真はC61 20がけん引するSL列車。
JR東日本の高崎支社は12月7日、上越線内にある駅のうち、SL列車が停車する4駅をリニューアルすると発表した。蒸気機関車の雰囲気にあわせたデザインに変える。

リニューアルされるのは、渋川・沼田・後閑・水上の群馬県内4駅。渋川駅と沼田駅は駅名標・ホーム待合室・トイレ、後閑駅と水上駅は駅名標・トイレがそれぞれリニューアルされる。本年度中の完成を予定している。

いずれも「SL停車駅にふさわしい設備」(高崎支社)にするもので、駅名標は「SLの重厚感、動輪」をモチーフにしたデザインに変更。ホーム待合室は旧型客車をモチーフとし、室内もボックスシート調のデザインにする。トイレは矢絣(やがすり)をモチーフにした和風のデザインにする一方、洋式便座を採用して機能向上を図る。

上越線は高崎(群馬県高崎市)~宮内(新潟県長岡市)間の162.6kmを結ぶJRの鉄道路線。このうち群馬県内の高崎~水上間59.1kmでは、D51形蒸気機関車498号機やC61形蒸気機関車20号機がけん引するSL列車が週末を中心に運行されている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集