ルノー、EUの自動運転&コネクトカープロジェクトに参画…1000台のメガーヌ納入へ

ルノーは12月1日、EUの自動運転&コネクテッドカープロジェクトに参画し、1000台の『メガーヌ』を納入すると発表した。

自動車 テクノロジー ネット
ルノーが参画するEUの自動運転&コネクトカープロジェクト「SCOOP」
  • ルノーが参画するEUの自動運転&コネクトカープロジェクト「SCOOP」
  • ルノーが参画するEUの自動運転&コネクトカープロジェクト「SCOOP」
  • ルノーが参画するEUの自動運転&コネクトカープロジェクト「SCOOP」
ルノーは12月1日、EUの自動運転&コネクテッドカープロジェクトに参画し、1000台の『メガーヌ』を納入すると発表した。

EUの自動運転&コネクテッドカープロジェクトは、「SCOOP」と呼ばれるもの。現実の運転条件の下で、将来の車車間(V2V)および車両からインフラストラクチャ(V2X)への接続ソリューションなどのテストを行っている。

ルノーはこのSCOOPプロジェクトに参画し、1000台のメガーヌを納入すると発表。専用仕様のメガーヌには、自動運転&コネクテッドカー技術が搭載されており、速度、ハンドル角、タイヤのグリップ、フロントガラスのワイパー操作、エアバッグの展開などの車両データを収集して分析するセンサーとコンピュータも採用されている。

ルノーによると、SCOOPプロジェクト参画の目標は、道路上でより安全な車を顧客に提供し、交通の流れを改善すること。車両は互いに通信を行い、先行する道路上のあらゆる危険、交通事故などの情報をリアルタイムでドライバーに警告できる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集