酒気帯び10件、無免許2件、大麻所持も...警視庁・全国一斉飲酒運転取締り

宴席が増える12月、飲酒運転による重大事故を防ぐ「全国一斉飲酒取締り」が12月1日から2日にかけて各地で実施された。警視庁は1055人の警察官を動員して取締りを実施。道交法違反などで逮捕3件を含む119件を検挙した。

自動車 社会 社会
宴席が増える12月、飲酒運転による重大事故を防ぐ「全国一斉飲酒取締り」が12月1日から2日にかけて各地で実施された。警視庁は1055人の警察官を動員して取締りを実施。道交法違反などで逮捕3件を含む119件を検挙した。

取締りは、都内102署、交通機動隊、高速道路交通警察隊の合同で実施された。主要幹線道路や盛り場周辺などのほか、高速道路出入口付近や都県境付近の道路でも検問を設置。12月1日20時から2日5時までに、道路交通法違反118件、大麻取締法違反1件があったことを明らかにした。

道路交通法違反の内訳では、酒気帯び運転が10件、無免許運転が2件、そのほか106件あった。そのうち逮捕者は酒気帯び運転で2件、大麻取締法違反で1件あった。この容疑者は大麻を所持していた上に、酒気帯び運転していた疑いがある。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集