ホンダブースにAR導入、新型 アコード をバーチャル体験【ロサンゼルスモーターショー2017】

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダブースに導入され「HondaLens」(ロサンゼルスモーターショー2017)
  • ホンダブースに導入され「HondaLens」(ロサンゼルスモーターショー2017)
  • ホンダブースに導入され「HondaLens」(ロサンゼルスモーターショー2017)
ホンダは11月29日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2017において、拡張現実感(AR)テクノロジー、「Honda Lens」を発表した。

HondaLensは、ロサンゼルスモーターショー2017のホンダブースに展示された新型『アコード』を、来場者にアピールする目的で導入。ARテクノロジーによって10世代目のアコードの特徴を、来場者はバーチャル体験を交じえながら楽しめる。

HondaLensは、マイクロソフト社の「HoloLens」を利用。ヘッドセットを装着した来場者が新型アコードに近づくと、6つのストーリーがスタートする。このストーリーの過程で、来場者は実際の車両を体験できる。たとえば、運転席に座った人は、フロントガラスに映し出される交通状況を体験する。

また、新型ターボエンジンの機能を示すために、ボンネットからエンジンを浮き上がらせて見せるなど、新しい展示スタイルを導入している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集