トヨタの最新ロボットが決めたポーズは、あの!

自動車 ビジネス 企業動向

かめはめ波のポーズを決めたT-HR3。
  • かめはめ波のポーズを決めたT-HR3。
  • 柔らかいボールを上手に扱う。左にあるのがマスター操縦システム。VRゴーグルとデータグローブで遠隔操作していても分身のように感触が伝わってくるらしい。
  • 空手のハイキック。ゆっくりとした連続的な動作で、バランス感覚にも優れる。マスターフットと呼ばれるブーツ型のコントローラーを使えば歩行や体重移動も操作できる。
  • 肩は3軸、肘1軸、手首は3軸のトルクサーボモジュールが組み込まれ、動きとトルクを相互に伝える。
国際ロボット展(11月29日~12月2日)のトヨタブースは、黒山のひとだかり。先日発表されたヒューマノイドロボットの新型「T-HR3」の初舞台を見ようと、たくさんの来場者が集まったのだ。

この第3世代のヒューマノイドロボットでトヨタが重視するのは、家庭や医療機関などで人に寄り添い、生活を安全にサポートするパートナーロボットを目指し、やさしく、しなやかな動きが可能なロボット。そこでイベントでは、そんなT-HR3の柔軟で細やか、バランス感覚に富んだ動きが披露された。

T-HR3は、マスター操縦システムと呼ばれる座席型のコントローラーに操縦者が乗ることで、上半身の動きをウォーミングアップとしてから、手指の柔軟で滑らかな動きを見せると、柔らかいボールを握って、軽く潰してみたり腕の間で転がすようにしてみせる。こうした動作はトルクセンサーを使ったトルクサーボ技術により操縦する人間に反発力として感触が伝わるのだとMCが言う。

続いて大きなブロックを使って細やかな動きを実演。ブロックを積み上げたり、分解したり箱にしまったり。操縦者はVRゴーグルでT-HR3の頭部カメラの視界を共有しているため、細かい作業も難なくこなせるようだ。

最後にマスター操縦システムではなく、あらかじめ入力済みのデータにより様々なポーズを再現。そこではハイキックなど、人間では静止しているのが難しいほどのポーズもピタリと安定させるほどの体幹の強さをアピールした。アニメの「かめはめ波」、ジョジョ立ちと言われるポーズやお笑い芸人の決めフレーズである「トゥース」、「命」といった特徴的なポーズも披露する愛嬌ぶりだ。

イベント時間以外はパーティションで目隠しをするほどの機密ぶりで、大型モニターに映し出されたデモ動画を見せられて待っている人々の期待値も上昇する中、期待以上のパフォーマンスを見せつけてくれたのだった。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

特集