JR東日本「モバイルSuica」500万人突破…iPhone対応でペースアップ

鉄道 企業動向
「モバイルSuica」の画面(Android)。会員数が500万人を突破した。
  • 「モバイルSuica」の画面(Android)。会員数が500万人を突破した。
JR東日本は11月16日、同社のモバイル決済サービス「モバイルSuica」の会員数が500万人を突破したと発表した。

携帯電話やスマートフォンを交通系ICカード「Suica」として使える「モバイルSuica」は2006年1月にサービス開始。2005年度の会員数は5万人で、翌2006年度は43万人になった。以後は毎年40~50万人程度のペースで増えていったが、2011年度以降は毎年20万人程度の増加とペースダウンした。

2016年度は2015年度より約70万人多い444万人に。アップル社のスマートフォン「iPhone」に対応(2016年10月)したことで、利用者が大幅に増えたとみられる。本年度も順調に増加しており、今年11月11日に500万人を突破した。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集