これぞ“カイエンキラー”…マセラティ レヴァンテ、フェラーリエンジン搭載で超進化!

自動車 ニューモデル 新型車
マセラティ レヴァンテ GTS スクープ写真
  • マセラティ レヴァンテ GTS スクープ写真
  • マセラティ レヴァンテ GTS スクープ写真
  • マセラティ レヴァンテ GTS スクープ写真
  • マセラティ レヴァンテ GTS スクープ写真
  • マセラティ レヴァンテ GTS スクープ写真
  • マセラティ レヴァンテ GTS スクープ写真
  • マセラティ レヴァンテ GTS スクープ写真
  • マセラティ レヴァンテ GTS スクープ写真
マセラティ初のSUV『レヴァンテ』に、ポルシェ『カイエンターボ』を凌ぐ超高性能モデルが投入されることが確実視されている。今回ついに、市販型プロトタイプと思われるその姿を、スクープすることに成功した。

そのモデルの名は「レヴァンテGTS」。捉えた写真からは、フロントバンパー左右や、グリルの下に3分割された大型ベンチレーション、ボンネットには2つのエアスクープがテープで隠されているように見える。またリアには、最新のエキゾーストシステムを備えた全く新しいディフューザーを装備。高性能モデルらしいエクステリアを実現していることがわかる。

ベースモデルのレヴァンテは、3リットルV型6気筒エンジンを搭載し、最高出力は350psと430psを発揮するが、ライバルのカイエンターボを脅かすパフォーマンスとは言い難かった。

対してレヴァンテGTSのパワートレインは、ZF製8速ATと組み合わされる、フェラーリ製3.8リットルV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力はカイエンターボを凌ぐ570ps、最大トルク700Nm以上のハイパフォーマンスを発揮する。これぞ本気の“カイエンキラー”となりそうだ。

ハイテク装備では、アップデートされる「タッチコントロール・インフォテイメントシステム」、正確なドライビングラインを保つ「トルクベクタリングAWDシステム」などを装備する。

2018年初頭、あるいは3月のジュネーブモーターショーでのアンベールが期待出来そうだ。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

  • メルセデス Aクラス 次期型、ハッチバック&セダンが完全露出! 画像 メルセデス Aクラス 次期型、ハッチバック&セダンが完全露出!
  • BMW 1シリーズ 次期型のコックピットをスクープ! 見えた2つの大画面 画像 BMW 1シリーズ 次期型のコックピットをスクープ! 見えた2つの大画面
  • メルセデス初のEVスーパーカー、開発テスト車両をスクープ! 画像 メルセデス初のEVスーパーカー、開発テスト車両をスクープ!
  • ポルシェ 928 後継モデル、2020年に登場か…車名は「929」? 画像 ポルシェ 928 後継モデル、2020年に登場か…車名は「929」?

特集