ZF、都市交通バス向け新型電動セントラルドライブ「CeTrax」を発表

ZFは、新型電動セントラルドライブ「CeTrax」を搭載した都市交通バスのテスト車両が完成したと発表した。

エコカー EV
ZFのCeTraxを搭載した都市交通バスのテスト車両
  • ZFのCeTraxを搭載した都市交通バスのテスト車両
  • ZF CeTrax
  • ZF CeTrax
  • ZFのCeTraxを搭載した都市交通バスのテスト車両
  • ZFのCeTraxを搭載した都市交通バスのテスト車両
  • ZFのCeTraxを搭載した都市交通バスのテスト車両
  • ZF CeTrax
  • ZF AVE130
ZFは、新型電動セントラルドライブ「CeTrax」を搭載した都市交通バスのテスト車両が完成したと発表した。

CeTraxは、従来のエンジンと同等の最高出力300kW(408ps)、最大トルク4400Nmを発生。電動モーターによるトルク切れがないスムーズな発進・加速を実現する。都市部の急勾配も走行可能な25%の登坂力を備えるほか、滑らかで静かな乗り心地によって、快適性も確保している。

また、高性能・高効率であることに加え、軽量であらゆるサイズのノンステップバスやローエントリーバスに搭載できる汎用性の高さも特徴としている。

ZFではCeTraxのほか、商用車向けに量産を開始している「AVE130電動ポータルアクスル」や、長距離バス向けの「TraXon Hybrid」など、さまざまな電動ソリューションの開発を進めている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集