【東京モーターショー2017】ホンモノのスーパーフォーミュラマシンに乗ってVR体験!?

自動車 ニューモデル モーターショー
日立オートモティブシステムズブースに展示されているスーパーフォーミュラのマシン。
  • 日立オートモティブシステムズブースに展示されているスーパーフォーミュラのマシン。
  • 実物の運転席ブロックがあり、そこに乗ってVR体験ができる。
  • ハンドルも取り付けられて気分も上がる。
  • あくまでもVR体験なので、客観視すると寂しい感じも否めないけど、そこは気にしない。
  • 小学生以上であれば、モーターショーの会期中に誰でも楽しめます。
日立オートモティブシステムズのブースでは、「スーパーフォーミュラのマシンで鈴鹿サーキットを走行したら」というVR(バーチャルリアリティ)体験を楽しむことができる。

今年の東京モーターショーは「あっちのブースでも、こっちのブースでもVR体験」といった感じで、VR自体は珍しいものではなくなっているが、日立のそれは一味違う。

なんとスーパーフォーミュラで使用されている車両の運転席モノコックをそのまま使用しており、そこに乗り込んだ状態で鈴鹿サーキットの走行を仮想体験できる。

スマートフォンから出力されているVR映像のクオリティは決して高いとはいえないが、フォーミュラマシン独特の「包まれ感」をバーチャルではなく、実際に体感できるというのは他のブースのVRにはない日立だけのものだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集