トヨタが2020年に実用化する自動運転車にルネサスの半導体採用

自動車 テクノロジー ITS

ルネサスエレクトロニクス、トヨタ、デンソーが自動運転分野で関係強化
  • ルネサスエレクトロニクス、トヨタ、デンソーが自動運転分野で関係強化
ルネサスエレクトロニクスは、トヨタ自動車とデンソーが2020年の実用化に向けて開発している自動運転車向けに周辺認知から走行判断、車体の制御までの半導体ソリューションを提供すると発表した。

ルネサスの車載情報・ADAS用SoC「R-Car」と車載制御用マイコン「RH850」を含む自動運転車向けソリューションを供給する。ルネサスがこれまでに培った車両開発の先進技術やノウハウが認められた。

トヨタは2020年に自動車専用道路上で分岐合流、追い越し、レーンチェンジなどを、ドライバーの監視下で、自動運転車を実用化する計画で、このクルマの主要半導体ベンダーとしてルネサスが選ばれた。

デンソーが開発する自動運転用ECUに向けて、外部からのセンサー情報を基に自車位置を高精度に推定し最適な運転計画を瞬時に判断する自動運転の頭脳部分としてルネサスの「R-Car」が選ばれた。R-Carの判断を受けて、走る・曲がる・止まるの制御を行うマイコンに「RH850」が選ばれた。

ルネサスでは自動運転車の普及を左右する性能と消費電力のバランス、信頼性の高いトータルシステムが評価されたとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集