アルパイン ビッグX、ハリアー専用10型大画面モデル登場…3カメラ同梱パッケージも用意

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ハリアー専用 ビッグX EX10Z-HA2
  • ハリアー専用 ビッグX EX10Z-HA2
  • ハリアー専用 ビッグX EX10Z-HA2
  • ハリアー専用 ビッグX EX10Z-HA2
  • ビッグX 3 カメラ・セーフティパッケージ フロントカメラ装着イメージ
  • トヨタ・ハリアー
アルパインは、トヨタ『ハリアー』専用の10型大画面AVナビゲーション、ビッグX『EX10Z-HA2』を11月下旬より発売する。

アルパインではハリアー向けに9型画面のビッグXをラインアップしてきたが、さらなる大画面への要望に応え「EX10Z-HA2」を開発。10型大画面の高画質WXGA液晶を搭載し、地図や映像を高精細に映し出す。

新製品では、クラスターパネルに「ダイナミック・フロー・デザイン」を採用し、ダッシュボードとの一体感を生みだすことでプレミアムなインテリア空間を創出。デザインアイデンティティーとなっていたクリスタル照光キーも一新し、プレミアムSUVの室内を高級感あふれる空間に生まれ変わらせる。さらに車種専用オープニングアニメーションも、シーケンシャルターンランプ有りまたは無しのパターンを格納。よりオーナー専用の雰囲気を高めている。

また、マルチビューフロントカメラ/サイドカメラ/マルチビューバックカメラなどを同梱する「3カメラ・セーフティパッケージ EX10Z-HA2-SF3」もラインアップ。アルパインカーナビの2017年モデルでも採用されている「ボイスタッチ」を使って、フロント/サイドの映像を声の操作で素早く呼び出すことができる。見通しの悪い交差点への侵入や車両同士のすれ違いが安心して行えるだけでなく、道路に横付けする際の路側帯や障害物を画面で確認できるなど、安心・安全の運転をサポートする。

価格はいずれもオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集