アウディ A7 新型、39の先進運転支援システム設定…自動駐車も可能

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ A7 スポーツバック 新型
  • アウディ A7 スポーツバック 新型
  • アウディ A7 スポーツバック 新型
  • アウディ A7 スポーツバック 新型
  • アウディ A7 スポーツバック 新型
  • アウディ A7 スポーツバック 新型
  • アウディ A7 スポーツバック 新型
  • アウディ A7 スポーツバック 新型
アウディは10月19日、新型『A7スポーツバック』に自動駐車を含めた「アウディAI」を搭載すると発表した。自動駐車は、2018年から可能になる予定。

ドライバーは、アウディAIボタンを押すことにより、「リモートパーキングパイロット」と「リモートガレージパイロット」を作動できる。この機能と使うと、車を自動的にパーキングスペースやガレージに駐車させたり、そこから出したりすることが可能になる。

ドライバーは車から降りた状態でも、スマートフォンの「myAudiアプリ」を介して、機能をスタートできる。その間ドライバーは、アプリのAudi AIボタンを押し続けることで、操作を進めながら車の動きを確認。セントラルドライバーアシスタンスコントローラー(zFAS)が、様々なセンサーからのデータを照合分析して、車の周囲の環境を常時演算。新型には、最大5つのレーダーセンサー、5つのカメラ、12の超音波センサー、1つのレーザースキャナーが搭載される。

アウディAIのシステムのほかにも、新型には最大39もの先進運転支援システム(ADAS)を設定。「アウディAIパーキングパッケージ」、交差点アシストなどを含めた「シティアシストパッケージ」、「ツアーパッケージ」の3つのパッケージが用意される。

このうち、ツアーパッケージには、従来のアダプティブクルーズコントロールに、車線維持のためのステアリング介入機能を追加したアダプティブドライビングアシスタント(ADA)などのシステムが含まれている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集