【東京モーターショー2017】三菱電機、助手席も同時モニタリングできる新システム開発

自動車 ニューモデル モーターショー

広角カメラ型ドライバーモニタリングシステム
  • 広角カメラ型ドライバーモニタリングシステム
三菱電機は、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」にて、新開発の「広角カメラ型ドライバーモニタリングシステム」を出展する。

ドライバーモニタリングシステムは、運転者の顔映像を解析し、脇見・居眠りなどを検知しているが、近年、安心・安全性の向上のため、助手席乗員もモニタリングする機能が求められている。

三菱電機は今回、広角カメラを使用することで運転席・助手席搭乗者を同時に撮影し、双方の状態をモニタリングできる「広角カメラ型ドライバーモニタリングシステム」を開発。運転席・助手席の同時モニタリングにより、運転者の脇見・居眠りの検知に加え、乗員を特定した最適な音楽の選曲や、乗員の有無に応じたエアコンの最適制御など、安心・安全・快適性の向上に貢献する。

また、運転席・助手席搭乗者の手の動きや形を捉えるハンドジェスチャー認識機能により、双方がジェスチャーで車載機器を操作できるほか、将来的には搭乗者が急病発生などで倒れた場合の姿勢変化などの検知にも対応する予定だ。

開発品は、1台のカメラで車内空間を広く撮像できるので、カメラ設置位置の自由度も向上。助手席用に新たなカメラの設置が不要となり、カメラ設置スペースの削減にも貢献する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集