陸前高田~盛間でスピードアップ…気仙沼線・大船渡線BRTでダイヤ改正 11月2日

鉄道 企業動向

大船渡線BRT盛駅に停車中のバス。盛駅では、BRTと三陸鉄道南リアス線との接続時分が、14時~15時台で67分あったものを8分にまで短縮し、利便性の向上が図られる。
  • 大船渡線BRT盛駅に停車中のバス。盛駅では、BRTと三陸鉄道南リアス線との接続時分が、14時~15時台で67分あったものを8分にまで短縮し、利便性の向上が図られる。
JR東日本盛岡支社は9月29日、気仙沼線・大船渡線のBRT(バス高速輸送システム)で、11月2日にダイヤ改正を行なうと発表した。

気仙沼線BRTでは、気仙沼市内の気仙沼駅~松岩駅間に新駅の「気仙沼市立病院」が開業することにより、一部の便で時刻が変更され、気仙沼駅~本吉駅間で9~16時頃に運行される上下各7便が、新駅に停車する。

なお、気仙沼市立病院駅着の運賃は、上りが松岩駅まで、下りが南気仙沼駅までの計算となる。

大船渡線BRTでは、気仙沼駅で接続する気仙沼駅~一ノ関駅(岩手県一関市)間の上り『ポケモントレイン気仙沼号』との乗換えに余裕を持たせるため、接続時間が現行の3分から13分に拡大される。また、陸前高田駅(岩手県陸前高田市)~盛駅(岩手県大船渡市)間では、運行時間が現行の87分から81分に短縮される。

このほか、14~15時台の盛駅では、三陸鉄道南リアス線との接続が見直され、南リアス線の盛駅15時25分着、15時45分発の列車との接続時間が短縮される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集