おおさか東線の新駅は「衣摺加美北」…JR西日本、2018年春開業目指す

鉄道 企業動向
衣摺加美北駅のイメージ。2018年春に開業する。
  • 衣摺加美北駅のイメージ。2018年春に開業する。
  • 衣摺加美北駅の開業1年後にはおおさか東線の北区間も開業する予定。写真は北区間の西吹田駅(仮称)付近。
JR西日本は9月26日、おおさか東線のJR長瀬~新加美間で工事中の新駅(大阪府東大阪市)について、駅名を「衣摺加美北(きずりかみきた)」に決めたと発表した。2018年春の開業を目指す。

おおさか東線は、放出~久宝寺間を結ぶJR線。2008年3月の開業時は途中に高井田中央・JR河内永和・JR俊徳道・JR長瀬・新加美の5駅が設けられた。その後、東大阪市とJR西日本がJR長瀬~新加美間に新駅を設置することで合意し、工事が始まった。

衣摺加美北駅が設置されるのは、東大阪市と大阪市平野区の市境付近。JR西日本は「両市の住民の方々に幅広くご利用いただけるよう、駅が所在する『衣摺』(東大阪市)と、『加美北』(大阪市平野区)の地名」を合わせた駅名を採用したとしている。駅番号は「JR-F13」を割り当てることが既に決まっている。

隣接する駅からの距離は、JR長瀬駅からが約1.3km。新加美駅からは約1.4kmになる。高架下駅舎と8両編成に対応した相対式ホーム2面が新設され、エレベーターやエスカレーターなども設けられる。

おおさか東線はこのほか、衣摺加美北駅開業から1年後の2019年春に新大阪~放出間(北区間)が延伸開業する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集