【アウディ Q5 新型】初のフルモデルチェンジ…新アーキテクチャ採用でメカニズム一新

自動車 ニューモデル 新型車

アウディQ5新型
  • アウディQ5新型
  • アウディQ5新型
  • アウディQ5新型
  • アウディQ5新型
  • アウディQ5新型
  • アウディQ5新型
  • アウディQ5新型とアウディジャパンの斎藤徹社長
アウディ ジャパンは、ミッドサイズSUV『Q5』を8年ぶりにフルモデルチェンジし、10月2日より販売を開始する。

2世代目となる新型Q5は、新アーキテクチャ「MLB Evo(モジュラーロンギチューディナルマトリックスエボ)」をベースに、デザイン、メカニズムを一新。ボディサイズは全長4680mm×全幅1900mm×全高1665mmと、全長を50mm拡大しながら、徹底した軽量設計により、車両重量を従来型比60kg削減した。

パワートレインは、最高出力を先代比28ps増の252psに高めた2.0リットル4気筒直噴ターボエンジンと7速Sトロニックを組み合わせ、予測的な制御を行う新システムを採用したクアトロ4WDシステムにより駆動。優れた運動性能を発揮するとともに、燃費は13.9km/リットル(JC08モード)と11%改善させている。

シャシーは、新開発の電動パワーステアリングと、前後に5リンクのサスペンションを採用し、ハンドリングと乗り心地を高度なレベルで両立。オプションで新開発のエアサスペンションも設定、「リフト/オフロード」「オールロード」モードを含む7つのセッティングが選択でき、舗装路からオフロードまで幅広い走行条件に対応する。

技術面では、歩行者検知機能付き衝突軽減システム「アウディプレセンスシティ」などの予防安全システムに加え、「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」を全車標準装備。また、デジタル多目的ディスプレイ「アウディバーチャルコクピット」や「マトリックスLEDヘッドライト」などをQ5シリーズで初設定する。

新型Q5では、最新のコネクティビディー機能も搭載。MMIタッチナビゲーションを介して、アウディコネクトによるインターネットからの情報サービスやWi-Fiスポット機能、スマートフォンインターフェイスなどを標準装備。また、今年からスタートした「セーフティ&サービス」も搭載され、「SOSコール」「オンラインロードサイドアシスタンス」「メンテナンスリクエスト」「マイカーマネージャー」の4機能を提供する。

日本市場には2.0リットル直4ターボのみを導入。従来の3リットルV6ターボモデルは廃止となる。価格は先代モデルより30万円アップの657万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集