大阪市営地下鉄引き継ぐ新会社、CI構築はJR東日本に

鉄道 行政
大阪市営地下鉄・ニュートラム各線を引き継ぐ大阪市高速電軌のCI構築事業者はJR東日本グループの広告会社に決まった。写真は市営地下鉄の堺筋線。
  • 大阪市営地下鉄・ニュートラム各線を引き継ぐ大阪市高速電軌のCI構築事業者はJR東日本グループの広告会社に決まった。写真は市営地下鉄の堺筋線。
  • 大阪市営地下鉄・ニュートラム各線を引き継ぐ大阪市高速電軌のCI構築事業者はJR東日本グループの広告会社に決まった。写真は地下鉄御堂筋線。
大阪市は8月29日、大阪市高速電気軌道のコーポレート・アイデンティティ(CI)を構築する事業者として、ジェイアール東日本企画の関西支社を選定したと発表した。

大阪市高速電軌は今年6月、大阪市の全額出資により設立された株式会社。大阪市営地下鉄・ニュートラムの運営を2018年4月に引き継ぐ。大阪市は大阪市高速電軌の愛称名やコーポレートカラー、ロゴなどのCIを構築する事業者を公募型プロポーザルで募集した。審査対象はジェイアール東日本関西支社を含む8者だった。

ジェイアール東日本企画は、JR東日本が全額出資している広告会社。コンテンツビジネスも手掛けており、アニメ映画では「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(2015年)や「君の名は。」(2016年)などの制作に関わっている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集