盛況、二輪車の首都圏ツーリングプラン…申込み1万7500件

モーターサイクル 企業動向

高速史上初の二輪車専用周遊パス「二輪車ツーリングプラン」のエリア
  • 高速史上初の二輪車専用周遊パス「二輪車ツーリングプラン」のエリア
バイク利用者を対象にした東日本高速と中日本高速の首都圏ツーリングプランが好調だ。「首都圏と観光地という対象の違いもあるが、四輪車をしのぐ勢いがある」(国土交通省)という。

8月23日0時までの首都圏ツーリングプランの申込状況は1万7468件。エリア別には以下の通り。
エリア 申込件数 取扱い会社
東名・中央道 6564件 中日本
関越道・上信越道・東北道 7492件 東日本
東北道・常磐道 2250件 東日本
東関東道・館山道 1162件 東日本

箱根や富士五湖、軽井沢や世界文化遺産のある富岡などの観光地を抱えている東名・中央道エリアや関越道・上信越道・東北道エリアの人気が特に高い。

「首都圏で初めての試みであり、こうしたプランを作ることでの稼働率や地域振興に与える影響などを重点に、今後のプラン作りに生かしたい」(国交省高速道路課)

「ツーリングのハイシーズンは、気候がよくなる秋から。夏休みはあるが、真夏にバイクに乗る人は多くないので、まだまだ伸びる」と、二輪業界も歓迎ムード一色だ。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集