【鈴鹿8耐】21番ヤマハファクトリーが3年連続ポールポジション

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2017鈴鹿8耐
  • 2017鈴鹿8耐
  • 2017鈴鹿8耐
  • 2017鈴鹿8耐
  • 2017鈴鹿8耐
  • 2017鈴鹿8耐
  • 2017鈴鹿8耐
鈴鹿サーキットで開催されている2017“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会で29日、ポールポジションを決めるトップ10トライアルが行なわれ、No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMが3年連続ポールポジションを獲得した。

朝は突然の雨に見舞われたものの、午後になると天候も回復し路面温度50度を超えるコンディションとなった。昨日の予選で勝ち上がった上位10チームが1台ずつ登場し、タイムアタックを行なった。今年は転倒するライダーが多く、波乱含みの展開となった。

その中で頭一つ抜け出たのはNo.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM。まずは中須賀克行がレコードタイムに0.038秒に近づく2分06秒038をマークする。

しかし、今年はホンダとスズキが新型バイクを導入し、中須賀より後にタイムアタックした中上貴晶(No.634 MuSASHi RT HARC PRO.Honda)、津田拓也(No.12ヨシムラ スズキMOTULレーシング)が前半セクションで中須賀のタイムを更新するが、スプーンコーナーや西ストレートの区間で競り負けてしまい、結局トップタイムを更新することができず。最後にチームメイトのアレックス・ローズもレコードタイム更新を目指しアタックしたが、2分06秒225で中須賀のタイムには届かなかった。

結局、No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM(中須賀克行/アレックス・ローズ/マイケル・ファン・デル・マーク)がポールポジション。チームとしては3年連続。中須賀はファクトリーチームに入ってから初のポールシッターとなった。

2位にはNo.12ヨシムラ スズキMOTULレーシング(津田拓也/シルバン・ギュントーリ/ジョシュ・ブルックス)。1回目にアタックしたギュントーリがヘアピン後のシケインで転倒を喫してしまうが、もう1台のバイクで出走した津田が2分06秒282をマークした。3番手にはNo.11カワサキTeamGREEN(渡部一馬/レオン・ハスラム/アズラン・シャー・ビン・カマルザマン)が2分06秒381で続いた。

2017鈴鹿8耐トップ10トライアル結果
1.No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM(2分06秒038)
2.No.12ヨシムラ スズキMOTULレーシング(2分06秒282)
3.No.11カワサキTeamGREEN(2分06秒381)
4.No.5 F.C.C.TSRホンダ(2分06秒600)
5.No.634 MuSASHi RT HARC PRO.Honda(2分06秒671)
6.No.7 YART YAMAHA Offical EWC Team(2分07秒634)
7.No.19モリワキMOTULレーシング(2分08秒041)
8.No.25 Honda鈴鹿レーシングチーム(2分08秒178)
9.No.71 Team KAGAYAMA(2分08秒616)
10.No.22 Satu HATI.Honda Team Asia(2分09秒966)

【鈴鹿8耐】リンク
■2017年大会が開幕、初日特別スポーツ走行はヤマハファクトリーがトップ
■予選トップは21番ヤマハファクトリー、トップ10トライアル進出チーム決まる
■40回記念大会がスタート、早くも波乱か?!
■2時間経過…21番ヤマハと634ハルクプロのトップ争いが白熱
■4時間経過…独走のNo.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMの勢いを止められるのか?
■6時間経過…21番ヤマハがトップ堅持、5番TSRホンダが異なる戦略で追い上げ
■今年もYAMAHAは強かった!!! No.21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM 3連覇達成
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集