【鈴鹿8耐】約50台のレジェンドマシンが集結「“メガ”ミュージアム」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
8耐“メガ”ミュージアム
  • 8耐“メガ”ミュージアム
  • 8耐“メガ”ミュージアム
  • 8耐“メガ”ミュージアム
  • 8耐“メガ”ミュージアム
  • 8耐“メガ”ミュージアム
  • 8耐“メガ”ミュージアム
  • 8耐“メガ”ミュージアム
  • 8耐“メガ”ミュージアム
2017“コカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会が開催されている鈴鹿サーキットで、歴代の8耐優勝マシンをはじめ、各大会で活躍した往年のレジェンドマシンが一堂に集結している。

毎年、往年のバイク等をGPスクエアに展示しているが、今回は40回記念大会ということもあり「8耐ヒストリー“メガ”ミュージアム」として、50台近いバイクが集まっている。

昨年、一昨年と圧巻の走りを見せたヤマハ『YZF-R1』をはじめ、ホンダ『RVF/RC45』、ヨシムラスズキ『GSX-R750』、カワサキ『ZXR-750R』など、以前から鈴鹿8耐に通っていたファンにとっては、懐かしいマシンがかりが揃っている。

この他にも、場内にあるレーシングシアターでさらに5台が展示され、合計で54台のレジェンドバイクを展示。こういった光景は、40回記念ならではということで、朝から大きな注目を集めている。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース