プラレールも「安全対策」強化? ホームドア付きの駅ユニット新発売

鉄道 エンタメ・イベント

7月から発売される駅ユニット「アクションステーション」。プラレールのシリーズで初めてホームドアが設置される。
  • 7月から発売される駅ユニット「アクションステーション」。プラレールのシリーズで初めてホームドアが設置される。
  • 「アクションステーション」は地上・高架の計3線になる。
  • 1番線のホームドアは自動で開閉する。
  • スマホアプリと連動。乗客が行き交うホームの様子をAR機能で楽しむことができる。
  • 自分の顔をAR機能で出現させることもできる。
  • 「アクションステーション」とレール・車両の組み合わせ例。
タカラトミーは6月26日、同社の鉄道玩具「プラレール」シリーズの新商品として「今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション」を発売すると発表した。同シリーズで初めて「ホームドア」を設ける。

「アクションステーション」は、プラレールのレールや車両とあわせて遊ぶことができる駅型の商品。都会の大型駅をイメージしたといい、1~3番線の路線・ホームと駅前広場などで構成される。1番線のホームには列車の発車・停車にあわせて自動で開閉するホームドアを設置。3番線のホームドアも手動で開閉できる。発車メロディや構内アナウンスなど40種類の音を収録しており、列車の発車や停車、通過などにあわせて音声を流すことができる。

このほか、スマートフォンアプリと連動。駅のなかを乗客が行き交う様子をAR機能で楽しむことができる。ランダムで出現するAR上の登場人物「プラキッズ」をタッチすると、さまざまなせりふが表示される。アプリ上で自分の顔写真を撮影すると、自分の顔をした人物が出現。。タカラトミーは「まるで自分がプラレールの世界の一員になったような体験をすることができます」としている。

希望小売価格は7500円(税抜)。7月13日から全国の玩具専門店などで販売される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集